王道ストーリーと変身合体モノの融合ー白騎士物語 光と闇の覚醒ー

1作目は2008年に、続編もあわせて発売されたのは2010年に発売されていますが、今回タイトルとして挙げたのは続編の方です。
何故かと申しますと、1作目の古の鼓動も合わせて続編に収録されているからで、もはや不便な思いをしてまて古の鼓動を遊ぶ必要性が一切ない為です。
1作目は色々とテンポやバランスがおかしいと不評でしたが、続編にてバランスやそれぞれのアクションの待ち時間が良い塩梅に調整しなおされました。
そして光と闇の覚醒では、古の鼓動のシナリオも改善されたバランス上で遊べる為、続編を購入した方が良い、となります。

ストーリー自体はタイトルにもあるように王道に王道を重ねたようなシナリオに、合体ロボ的な何かを足して2で割ったかのようなRPGです。
難易度はヌルいというほど簡単ではありませんが、どう足掻いても詰む、というほど難しくもありません。
一応敵にはそれぞれ弱点が用意されていますので、弱点をきちんと探り当ててダメージを与えていけば、相手に大きな隙が生まれるように調整されています。
その為、結構遊びやすいタイトルなのでPS3でこれからゲームを探すという場合には良いかもしれません。

ただし、注意点が1点あり、オンラインサービスが終了しておりますので、バージョンアップデートこそ可能ですが、クエストの協力プレイができなくなっています。
とはいえ、シナリオをクリアするだけならばなんら必要ありませんのでご安心をば。
無料 エロゲー http://www.animma.org/

生きろ!マンボウ!3億匹の仲間は皆死んだ

このタイトルのゲームは、携帯ゲームアプリのマンボウを育成するゲームです。
しかし、このゲームは少し変わっていて育成しているマンボウが死ぬと耐久性がアップし強くなっていき更にポイントが手に入ります。
死ぬことでポイントが得られるので、そのポイントを使って新しいエサや新しい冒険を手に入れることが出来るのです。
この育成したマンボウは、稚魚からドンドン成長します。
体重が増えていき一定の体重まで達するとランクアップし、ここでもポイントが手に入ります。
ランクアップするごとに、姿形が変わるのでやっていて飽きません。
むしろ、キャッチコピーにもありますが
死ぬことが快感
になります。
成長した履歴をみることも出来るのですが、ひとつひとつのランクのマンボウの説明もユニークですよ。
このゲームは、Twitterでマンボウの死因をまとめたものが元になっています。
マンボウの死因は、えっ!?と驚くものばかりです。
実際、私もそんなことで死んじゃうの、と驚きました。
しかし、そんなマンボウがなんだか無性に愛おしく感じてしまう。
そんなゲームであると思います。

ああ素晴らしきファミコンのクソゲー達

スマホの無料アプリでも、余程運が悪くない限りはそこそこ面白く、グラフィックも優れたゲームが手に入る現在ですが、私の少年、いやもっと小さいガキンチョの頃はなかなかにスリリングなゲームライフを過ごしていたんです。

時代はファミコン全盛期。
ドラゴンクエスト3は販売時にどこのおもちゃ屋、デパートでも長打の列を作り、どうしてもドラクエ3が欲しい子供達は両親、おじいちゃんおばあちゃんを巻き込みながらいろんなお店に並んでやっと手にいれたものです。
しかしそういったのは誕生日や貯めたお年玉を使う大きなイベントで、普段どうやってゲームを買っていたかというともっぱら中古ゲームを買いあさっていたのです。

駄菓子屋からおもちゃ屋まで、当時はちょっと自転車で走ればそこらじゅうに中古のファミコンカセットを売っている場所はあったので、少ない小遣いを握りしめ(当時の私の小遣いは月に300円)暇さえあれば走り回り1本のゲームを探す、そんな日々でした。
今では中古ゲームも評判やゲーム内容で値が決まっていますが、駄菓子屋なんかだと売るほうもいちいち内容まで調べずに直感で値をつけ、こちらもカセットに貼り付けられたタイトルとイラストを頼りに直感で選ぶ、直感と直感の戦いです。

おのずと増えていくクソゲー達。なかには隠れた名作もあったのですがハズレも非常に多い。
でも今になると鮮明に記憶に残っているのはぐうの音もでないほどのクソゲーに唖然とした自分の姿だったり、クソゲーの中に面白さを見出して遊んでいる時の様子だったりと、彼らが放ったインパクトは、いい年になった今でも胸に残っています。
ちなみに私が一番衝撃を受けたゲームは、「シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件」。
機会があればこれの思い出も書きたいものです。